生活費が足りない…洋服代どうする?ある1つの方式で洋服代ねん出&節約|せつふく。

 

洋服を買うのをガマンするのは、もうやめ!

 

 

このページでは、生活費とは別に洋服代をねん出し、洋服代の節約にもなる方法をお伝えしていきます。

 

毎月の生活費が足りなくて、洋服にまでお金がかけられない方向けの方法…

 

名付けて「ところてん式」

 

 

1分程度でスグに分かる内容ですので、ぜひお付き合いください。

 

 

 

 

みんなの洋服代が気になる

 

どのご家庭でも洋服代は生活費のなかから、まかなわれているようです。
(当ブログでは生活費の内訳について集めた声を公開しています)

 

だいたい月平均にすると

 

子供ひとりの家庭…1〜3万円

 

子供ふたりの家庭…2〜5万円

 

だそうです。女の子の場合、これが2倍になったり、子供の年齢によっても変わります。

 

 

季節によっても当然変動します。冬は着るものが多いので一人当たりの洋服代もかさみますね。

 

そんな洋服代を生活費の中から工面していたのでは、自分が買いたい服も買えませんし、いつまでもプチプラの服ばかりがタンスの肥やしになるばかりです。

 

 

子供もサイズがすぐ大きくなるし、ちょっと小学校高学年になってくると、自分の着るものにも口を出すようになりますし頭がいたいですよね。

 

断捨離しようにも何を残して何をすてれば良いかわからない。

 

節約のことも頭に入れながら洋服を選ばなければならない。

 

だったらまずは、洋服代をきりつめる節約は少しすみに置いておいて、今の現状を把握するところからはじめましょう!

 

それが未来への大きな節約へとつながります。

 

 

 

 

洋服代ねん出は仕分けから

 

1.とにかく全部出す

はじめに今のシーズンに合ったものだけでいいので、全部服を出します。

 

床にひろげるでも、ベッドの上に重ねるでもなんでもいいです。

 

 

2.色分けする

そうしたら、暖色と寒色にわけます。

 

白や黒、グレーとベージュは中間色としてください。

 

緑ですか?みどりは青系なので寒色でOKです。

 

黄色はオレンジ系なので暖色ですね。

 

 

この3つの中から自分が本当に好きな服、しょっちゅう来ている服だけを取り出します。

 

「まだ着れる」「これから着るかもしれない」

 

このフレーズが頭の中に浮かんだら、それは今のあなたに必要のない服なので無視します。

 

 

本当に好きで、いつも着る服…思った以上に少ないはずです。

 

ここまでを自分の服と子供服、旦那さんの服、家の中にある服、全部まとめて整理します。

 

 

3.目的別に売りさばく

 

現状の把握と仕分けがおわった後に、残った服をどうするか?

 

  • ブランドものの場合…フリマアプリで売る
  • ブランド以外の場合…大手リサイクル業者に売る

 

メルカリやヤフオクなど、フリマアプリではブランドものしか売る価値がありません。

 

そこらへんで買える服をひとつづつ綺麗に写真とって、丁寧な文章を考えて…ってやっても、あまり購入されないです。

 

 

されたとしても単価が低すぎるばかりか、こちらで送料をもち梱包、発送までしなければなりません。

 

あなたの時間や手間がムダになるので、ブランドもの以外ならまとめて業者に頼んでしまった方が早いしお金になります。

 

フリマだと一枚一枚売らなければなりませんが、業者だと一括でお金を受け取れるので。

 

 

 

 

次シーズンの洋服を買うとき

 

不要な洋服を売ったら、売った分を次の洋服代に充てます。

 

シーズンごとに売り、そのお金で次シーズンの洋服代をねん出するという「ところてん方式」

 

常にクローゼットやタンスの中も整理され、一石二鳥になります。

 

 

洋服代をねん出できたら自分の好きな服を買ってももちろん良いんですが、他にも賢い方法があるのでお伝えしておきますね。

 

それは、福袋のまとめ買いです。

 

 

自分の分だけでなく家族の分も買ってしまいます。

 

旦那さんのワイシャツ、ネクタイの福袋。

 

子供服の福袋。

 

 

で、ここでひとつポイントなのですが、自分用のはなるべくブランドの福袋を選ぶと良いです。

 

その理由は後でお話しします。

 

家族分の福袋を買ったら、全部開けてひろげます。これが一番楽しい瞬間ですね!

 

 

そうしたら、先ほどの仕分けと同じように寒色・暖色・中間と色で分けます。

 

気に入らない服はのけて、これは絶対に着るというものだけ残します。

 

ここで、いらない服をすかさず売ります。

 

すかさずってところがミソです!

 

 

シーズンすぎると売りにくくなりますし、また余計なものを家にためこむことになるので。

 

神様はスッキリした家が大好きですから(Drコパ談)必要ないものは置かないようにしましょう。

 

ここでブランドの福袋を買うことが生きてきます。

 

フリマアプリではブランド品は需要があるので、高値でスグに売ることができます。

 

そでを通していないのであれば、なおさら高値で買ってくれる人が大勢います。

 

私たちも中古で買うなら新品同様がいいなって思いますものね。

 

 

ブランドといっても、海外系でなくても大丈夫です。国内アパレルで名が通っているものであれば
OKなので、楽しんで福袋を探してみてください。

 

すかさず売ると、元以上に元がとれますから。

 

 

ブランドの福袋が高いなって時は、プチプラの福袋でも構わないので同じように仕分けして、着ないものは全部売ってしまいます。

 

 

子供服も同じように仕分けしてから売る方法をとれば、習い事の発表会の衣装やら何やらでお金がかかるときも、これでまかなえます。

 

 

 

 

生活費が足りないときの洋服代 まとめ

 

生活費の中から洋服代をまかなおうとすると本当に頭を抱えてしまいます。

 

男性の普段着はいいかもしれませんが、女性がいつも同じ服ばかりじゃ気になってしまいますし、1年で色々着たい物もかわりますしね。

 

 

洋服や美容代に関しては、いくら男性に重要性を説いたところで、なかなかわかってもらえません。

 

美容業界やアパレル業界の人でない限り…

 

 

なのでなんでも生活費からねん出する、と考えるのではなくて、別のところから考えると良いのではないでしょうか。

 

 

現状 → 仕分けする → 売る

 

買う → 仕分けする → 売る

 

この「ところてん式」を何にでも当てはめていくと、生活がスッキリしてお金も入ってきます。

 

家に余計な物を置かないようになるので、節約にもつながるという寸法です。

 

 

最初の仕分けは少し面倒かもしれませんが、気分がのっている時でいいので、一度勇気だしてやってみてください。

 

心が本当に整いますよ。

 

 

 

他の節約記事も見てみる

 

 


ホーム RSS購読
一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費