これ以上無理!食費が節約できないなら3つのコツで五千円浮かそう|せつふく。

 


無理、無理、むりだから〜

 

 

今回は、食費を切り詰めすぎて「これ以上節約できない」と限界がきた時の、食費節約法を書きます。

 

食費自体を切り詰めるのではなく、他の方法やアイデアで食費全体の費用を下げようというものです。

 

食材ではなくアイデアに注目!

 

アイデア次第でいくらでも食費は浮きます。

 

どれもこれも簡単にできるものばかりですので、ぜひ試してみてほしいです。

 

ウチの食費は食材を変えずにこの方法で月5,000円浮きました。

 

 

 

 

みんな食費はどうしているの

 

そもそも食費の一般的な平均額はいくらなのでしょうか?

 

クラウドソーシングで調べたところによると、

 

1人暮らし…2万〜3万
2人暮らし…3万〜5万
子供一人の3人家族…3万〜6万
子供二人の4人家族…5万〜8万

 

このような統計がでました。

 

 

お子さんがいる家庭では、子供だけには良い食材を与え夫婦間では安い食材ですます、という声もありました。

 

親の愛ですね。

 

 

ちなみに私は二人暮らしで食費は月3万円です。

 

出来る限りローン返済と老後対策のための貯金に回したいので、食費は後回しになってしまいます。

 

それに、それにですよ?

 

旦那が食費3万で!っていうんですもの。節約すれば何とかなるって。

 

信じられませんよね!

 

おまえが小遣い節約しろよって言いたいですよ本当に。

 

たまには雰囲気のいいシャレオツなレストランに連れて行ってくれる甲斐性を見せてくれ!って言いたいですよ本当に。

 

 

 

 

節約できない理由、それって…

 

それで食費の節約生活が始まったわけなんですが、まず第一に考えるのが安い食材を買おうってことなんですけど…。

 

これって巷ではあまり推奨されてないんですよね。

 

なぜって、安い食材買っても献立の幅がなくて結局余らせて無駄になるとか、

 

根本的な解決になってないからとか色々言われてるからです。

 

 

でも節約して食費はいくらまでって制限があるんだから、安い食材を買い込むしかないじゃないですか。

 

旦那から食費3万でやってくれ!って言われちゃったらなおさらですよ。

 

 

だから安い食材たくさん買い置きしていいんです。スーパーの半額セールとか100円均一とかで根菜やらもやし、葉物とりあえず買い込んでしまいます。

 

 

メニューを決めて悩んでしまうと、またあれが足りないこれが必要だってなりますから。
もう考えないでとにかく買う。

 

あとは味さえ考えて、少しずつ変えればいいんです。

 

 

 

 

安い食材は味付け次第

 

たとえばウチでよくやっているのは

 

基本、肉や魚・きのこ類は切って冷凍保存

 

買い込んだ食材の半分はカレーにして冷凍保存

 

あまった食材はコンソメスープに

 

カレー飽きた ⇒かつおだしで割って和風カレーうどんに

 

コンソメスープにトマト缶と肉を足してパスタソースに

 

 

こんな感じで食材はすべて安いもの、味付けだけをまったく違うものにします。

 

そうすると飽きがこず長いあいだ楽しめるんです。

 

ポイントは和洋中でガラっと味を変えること、もやしのような味のない野菜には味付けを濃くすること。

 

そうすると家族にもウケが良いです。

 

またもやしか〜味うすいし、いかにも節約料理って感じがなくなります。

 

だからね、いいんですよ安い食材は安く売ってるときにいっぱい買っておけば。

 

本当に応用次第ですから。

 

 

 

 

食費の節約もう無理!になったとき

 

で、買い物のときに安い食材ばかり狙っていてもいずれ頭打ちになりますよね。

 

もう何をどうがんばっても、これ以上切り詰められないっていう。

 

もう、もやし以上に安い野菜なんてないよ!!どこにあるんだよ教えてくれよっていう。

 

 

レシートいくら見直しても無駄なんかないって言いきれる状況…ここまできたらもう食材を切り詰めないでアイデアで勝負するしかないです。

 

 

1.何も捨てない

 

文字通り何も捨てません。

 

野菜が見た目「ちょっとこれ大丈夫か?」くらいに黒ずんでも捨てません。

 

中身がみずみずしさを保っていて変なニオイがしなければ、皮だけ向いて使います。

 

火を通せば全然OKです、食べられます。

 

しかも向いた皮、これも捨てないでシンクの掃除に使います。

 

これでスポンジ代と洗剤の節約です!しかもけっこうピカピカになるのでおすすめです。

 

 

2.煮る野菜はすべて乱切り

 

これは火の通りと味のしみこみをよくするためです。

 

食費切り詰め生活では、キレイさとか見た目とかこだわってられないので、おもてなし料理でもない限り全部乱切りくらいでいいです。

 

 

ガスや電気の節約にもなりますし、節約料理にありがちな味のうすさも誤魔化せます。

 

なにより…ラクです!!

 

 

3.塩こうじなど高尚なものは使わない

 

肉を柔らかくしたり下味に便利な塩こうじですが、高いので使わなくていいです。

 

安く売ってるクッキングソルト、あれでいきましょう。肉や魚に対して3〜5%の塩をお湯で溶かします。

 

てのひら分の肉なら塩は小指の爪くらいです。

 

 

溶かしたお湯+塩がさめたらそこに食材をつけこむ、これだけです。

 

ダイレクトに塩で味付けするよりマイルドになり、漬け込むことで火を通したときに柔らかくふっくらしあがります。

 

 

水で溶いてもよいですが、まんべんなく溶かしたいときはお湯がベストです。

 

味の濃さの好き好きは家庭によって違うので色々とアレンジしてみてください。

 

 

番外編 スーパー帰り貯金

 

スーパーから帰ったあと500円玉があまっていたら?

 

必ず貯金箱に入れます。

 

 

ちなみにウチの貯金箱は↓これです↓

 

招き猫の貯金箱
「スーパーまねき1号」

 

これを習慣づけると知らない間に1か月で数千円〜1万円くらいたまってます。

 

 

 

 

食材の節約 まとめ

 

メニューは決めずに安い食材を買い込むべし

 

味付けをガラリと変えれば食材は一緒でも違う料理に!

 

食材がもう切り詰められなければ他のことで勝負

 

スーパーから帰ったら小銭を必ず貯金に回す

 

 

なんのことはないこれらの方法で、月に5000円は減らせます。

 

また、安い食材を徹底的に活用することで、余計なガス代、電気代、消耗品の費用も浮くので全体的に節約になります。

 

 

もし旦那さんに「もっと節約してくれ!」と言われたら、野菜の皮で掃除してることや乱切りで火の元の節約になっていることを強調してみてください。

 

私の場合ですが、そうしたら納得してくれました^^;

 

男性って理由があって根拠を説明すれば説得しやすい生き物みたいです。

 

 

 

 

うさばらしに目だけショッピング

 

最後におまけ。

 

節約、節約でイライラした時におすすめなのが、キッチン雑貨を見て回ることです。

 

私などは、いつか買ってやるーという思いで鍋やらお皿やら見繕っていました。

 

 

こういうキッチン雑貨とかインテリアを、旦那のカードで好きに買える奥様になりたいよ〜〜。

 

我が家まだまだローン残ってるんだもん。うわわーん。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

シンプルで実用的、可愛いものまで幅広い雑貨がそろっているお店。
 ↓↓↓

 

 

息抜きに入ると、とっても楽しいです。

 

 


ホーム RSS購読
一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費