フリマで売れないのは準備不足!

 

 

生活費の足しにフリマ活用してみたいが、売れないという声もよく聞こえます。

 

でも売る前にしっかり準備さえすれば、あとはスムーズに売れます。

 

今回は、その準備ポイントをご紹介します。

 

 

営業職から学んだ売り方テクニックなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

準備は1日の空いた時間を使えば、すぐに終わります。

 

 

  • 不用品がバンバン売れる!
  • お金が足りないとき、スグに生活費の足しにできる!
  • 他のフリマやオークションにも使える!

 

オールマイティに使える方法です。

 

 

 

出品物の把握をしよう

 

売りたい商品がひとつであれば、ここは飛ばしてもOKです。

 

商品が自分でも把握できない場合は、まずリストアップします。

 

手帳、スマホのメモ機能、何でもかまいません。

 

ジャンル別に分けるとあとで見やすいです。

 

服、家電、雑貨など。

 

そのときに大体の特徴も書いておきます。

 

キズのある個所や、サイズ、色味などですね。

 

ここでは大まかにメモしておくだけで大丈夫です。

 

 

 

売りたい商品のチェック

 

リストアップが終わったら、実際に売りたい商品の検索をします。

 

これから出品しようと思うフリマのアプリかサイトで検索です。

 

 

検索の目的は、ライバルチェックです。

 

他の出品者の書き方や売り方を参考にするため。

 

少し面倒ですが、他の出品者を事前に調べると

 

  • 自分のページで、どんなことを書けばいいかわかる
  • 他の出品者とは違った商品紹介ができる
  • 他の出品者が気づいていない部分がわかる
  • 商品の相場がわかる

 

など、あなたが売るための材料が色々と手に入ります。

 

なので少し面倒ですが、ひとつでも良いので検索してみるとよいです。

 

 

 

商品の相場を知る

 

商品を検索して同じものが出てきたら、値段を見てみてください。

 

その中の最低価格から最高価格までをチェックします。

 

メモしておくと、あとで価格設定するときに便利です。

 

これで、だいたいの相場がわかりましたね。

 

 

 

商品の写真をチェック

 

写真もチェックします。

 

チェックポイントは、他の出品者が「どう撮っているか?」です。

 

アップか引いているのか、暗いか明るいか。

 

その時に「どの写真なら買いたいと思うか?」まで考えます。

 

 

そんな写真があれば参考にできますし、もっとこんな写真が欲しいと思えば、自分でそれを撮ればいいわけです。

 

 

写真の見せ方は重要なので、ここまで考えてチェックしてみましょう。

 

これもやっぱり面倒ですが、賢く売るためにはひと手間が肝心。

 

料理と同じなので、最初のひと手間がんばってみましょ!

 

 

 

紹介文とプロフィールは?

 

この写真だったら欲しいなって思う出品者を見つけたら、個別ページへ飛んでみましょう。

 

商品をきれいに見せられる人は、

 

買い手の気持ちがわかる人。

 

売り方の上手い人です!

 

 

その人の商品の紹介文、プロフィールの書き方を参考にします。

 

まるパクリは絶対にダメですが、どんな風に何を書いているかを参考にするだけなら、全然ありです!

 

 

要は紹介文とプロフィールを構造化してしまうんですね。

 

内容をわかりやすく箇条書きにするってことです。

 

たとえばプロフィールで、何が書いてあるか箇条書きにすると

 

  • フリマで出品する理由
  • 発送に関して
  • 自宅保管での状態
  • 購入にあたっての注意

 

大体こんな感じでしょうか。

 

 

他にも、いい書き方だなと思った部分は参考にします。

 

必要と思った事項や気づいた点もメモメモ。

 

箇条書きしたうえに、自分で書き添えたいことを追加します。

 

 

それを読む人に分かりやすい順番で並べ替えれば、あなただけのプロフィール文が完成です!

 

一から考えるより簡単で早いですし、漏れ事項も防げます。

 

 

他にも色々な出品者のページを見てみるのもよいです。

 

この人は感じよい文章だな、わかりやすい紹介をしているなって思う人、これじゃ買わないって思う人、色々見つかって楽しいし参考になります。

 

これで、紹介文やプロフィールで何を書けばいいのかがわかりました。

 

 

 

不用品を売る前に まとめ

 

  1. 売りたい商品のリストアップ
  2. サイトで商品を検索
  3. 値段チェック
  4. 写真チェック
  5. 他の出品者のページをチェックして、書くべきことを箇条書き

 

各ポイントとも、真面目にきっちりやる必要はありません。

 

 

だいたい、どんな写真をとって、価格はどれくらいで、どんなことを書くかが把握できればいいんです。

 

なので、ある程度で準備できたら、実際にどんどん売っていきましょう。

 

 

準備段階で手元に売るための材料がそろっていれば、あとは写真を撮って商品を登録するだけ。

 

少しの手間で、たくさんの商品をスムーズに売りさばけます。

 

 

野球選手のイチローも、たった一度の打席準備に2時間もかけるそうです。

 

最高の結果を出す為には準備が大切。

 

私たちは、そこまでやる必要はないですが、最低限の準備だけはしておきましょう。

 

 

サッサと不用品を処理して、お小遣いをもらえるに越したことはないですものね!

 

 



ホーム RSS購読
一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費