共働き夫婦の生活費&食費

 

 

40代後半の主婦です。共働きで住まいは都内のマンションです。夫ともども金融業で、私は事務の担当、夫はマネジメントに関わる仕事をしています。

 

 

金融業は他の職業と違い少し特殊なところがありましてストレスも多く、一般的な会社員の方よりは、一か月の給料は高いと思います。

 

 

 

といっても私と夫の趣味が旅行なので、給料の半分は旅費に使ってしまいます。どんどんグレードの高い旅行プランになってきているので、この辺りを見直さないと老後の資金が心配です。

 

 

 

今回は私たち共働き夫婦の生活費についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

共働きの二人暮らし、生活費はどうなっている?

 

 

毎月の給料は夫婦合わせると57万円から60万円くらいです。この中から旅費、生活費、老後資金に分けています。自分の分は毎月決まったおこづかい制度をとっています。

 

 

2か月に一度は必ず行く旅行の費用は、毎月の給料から15万円を引いて30万円以上になったときに一気に旅費としてつかいます。

 

 

 

贅沢に思われるかもしれませんが、うちには子供がおりませんし親戚も疎遠なので、自分たちにだけお金がかけられます。それが旅行なのです。

 

 

 

旅費を引いて残った45万の中から、生活費は25万くらいです。

 

 

夫婦ともに週休二日フルタイムでの出勤ですので、食事はほとんど外食になります。

 

 

 

と言っても、夜なのでお酒と軽食ですませています。毎回ディナーコースを頼んでいるわけでもないので、それほどはかかってないと思いますが毎月の食費は5万円くらいですね。

 

 

 

夫と私のおこづかいは毎月3万円ずつで、そこから各々自分の日用品や細々したものを買っています。

 

 

あとは光熱費やネット環境ですが、そうしたもの全部合わせると毎月4万円以下です。それから夫の死亡保険と夫婦2人分の医療保険で3万です。

 

 

 

保険をかけると同時に資産運用としてプロの方に投資信託をお願いしています。少しでも収入の柱を持っておくことが老後への備えだと思っています。

 

 

そして余った分は全部貯金に回しますが、旅費が足りないときはついつい貯金に手をつけてしまうのが悩みの種です。

 

 

 

積み立ての定期にすればいいのでしょうが、口座が増えると管理が面倒ですし、なんとなくすぐ現金が引き出せる普通預金に頼ってしまいます。

 

 

また、一度旅行すると次回はもっとグレードの高い旅行がしたくなり、それだけかかる費用も増すのでプランを立てるときにセーブしなければと思います。

 

 

 

 

 

 

夫の方があまり危機感がないようで、今度はここに行こう、あそこに泊まってみようなどと費用の節約はまったく考えていません。

 

 

やはり夫婦どちらかがブレーキをかけないと、何年たっても老後の資金が増えないことになります。

 

 

 

2か月に1度の旅行を半年に1度にする、それだけでも貯金は一気に30万はできますが、はやりストレスの多い仕事がら、徐々に減らしていくしかなさそうです。

 

 

もっと高齢になり、体が動かなくなれば自然に旅行も減るかな、などと自然の流れに任せたい部分もありますね。

 

 

 

あなたも節約術をブログに書いて、毎月の収入を得てみませんか?

興味のある方はトップページをご覧ください。

節約ブログで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

節約ブログで稼ぐ方法 一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費