母子家庭の生活費と食費は?節約術も

 

 

もうすぐ40歳の一人暮らし女性です。5年前まで主婦をしていましたが、離婚して現在は倉庫の事務作業や、物流作業をしています。

 

 

子供は年頃の娘がひとりいて親権は私です。娘が嫁に行くまでは一生懸命働かなければなりません。

 

 

 

娘が良い男性を見つけてくれることを今から楽しみにしています。なるべく同居してほしいと虫のイイことも考えているのですが、どうなることやら。。。

 

 

給料は18万と少なく、親子二人ではきついものがありますが、その中で生活費をきりつめ節約しながら暮らしています。

 

 

 

たまには温泉でもゆっくりつかりたいのが本音です。

 

 

 

 

 

 

工場勤務の給料から一か月の生活費を割り出す

 

 

一ヵ月の給料は18万で、月によっては18切ったりもします。物流関係の仕事なので、納品時期にはいつも忙しく、その時期には20万いくこともあります。

 

 

その中で娘の養育費や生活費をまかなっています。娘の養育費は別れた夫からは一切もらっていません。何年かしたら娘にもアルバイトをしてもらおうと思っています。

 

 

 

養育費は月5万円はかかります。その内訳はロシア話教室、学校関係、バレエ教室などです。

 

 

娘の将来の夢で本場のバレエを学びたいというものがあり、今からロシア語を学んでいます。バレエは小学生から習い始めました。

 

 

 

なるべく願いを叶えてやりたいので、娘にかかる費用は惜しみなく出しています。ただ学校の部活、これは英語クラブなのですが、外国人講師を招いたりパーティーを開いたりと部費がけっこうかかります。

 

 

 

実は私としては、この英語のクラブは辞めてもらいたいんです。話を聞いているかぎり本気で英語を学んでいるクラブとは思えず、パーティー代だけにお金がかかっているように思えてならないからです。

 

 

部費が節約できれば、もっと生活費に回せるのに。。。と娘には言いたいですがぐっとこらえてます。

 

 

 

食費は毎月3万円ほどです。娘の学校が食堂形式なのでお昼は食券制度になっています。それは学校の費用として払っていて、その他の食費は3万円以上にならないよう気を付けています。

 

 

私のお昼は自分でお弁当をもっていきます。前日の夕飯の残りと白米をもっていくようにして、お昼代を節約しています。

 

 

 

また休憩中にコンビニで余計なものを買わないように、お菓子や飲み物も家にあるものを持っていっています。コンビニが大好きなので、入ってしまうと誘惑には勝てません。。。

 

 

娘にはコンビニ依存症だと笑われます。もうコンビニ族という言葉は流行らないんでしょうか?

 

 

 

 

それからスマホ代が2人合わせて18千円くらいです。とくに娘の明細は毎月必ずしっかりとチェックするようにしています。

 

 

おかしな課金がないか、これは年頃の子がいると本当に気を付けなければなりません。

 

 

 

これらを安いとするのか、高いとするのか・・・。それは人それぞれだと思いますが、私は必要経費だと思っています。

 

 

いずれ格安SIMにして、さらにスマホ代を節約しようと思っています。ただ娘が反対するかもしれませんが。それだったらもうバイトして自分で払ってもらおうと思います。

 

 

 

 

 

 

娘ひとり、母子家庭の節約術は…共有にあった

 

 

化粧品やスキンケアはすべて娘のものを使っています。同じものを使えば節約になりますし、なにより洗面台の置き場所にも困りません。

 

 

女2人分の化粧品や物があれば、それだけで家の中がごちゃごちゃしてしまいます。

 

 

 

さすがに洋服は娘と同じというわけにはいきませんが、共有で使えるものは共有する、というのが私の家の節約術になっています。

 

 

 

それから娘はカバンをよく買い替えるので、それも私が仕事用にしたり買い物袋に再利用したりとムダにせず使っています。

 

 

買い替えの時期を少しでも長引かせるために、カバンのお手入れをこまめにするよう娘には言い聞かせています。とにかく物を丁寧に扱うこと、それが買い替えせずにすむ唯一の方法です。

 

 

あなたも節約術をブログに書いて、毎月の収入を得てみませんか?

興味のある方はトップページをご覧ください。

節約ブログで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

節約ブログで稼ぐ方法 一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費