子供一人の3人家族の生活費、毎月の平均と節約術

 

 

3歳の男の子、子育て真っ只中の38歳です。結婚前は事務受付で働いていました。現在は専業で、空いた時間に少しだけ在宅ワークをしています。

 

 

おこづかいは旦那からもらっていて月5千円から、必要に応じて2万円までは出してもらえます。足りない分は在宅ワークでがんばっています。

 

 

 

 

 

 

核家族の食費、生活費の内訳と項目

 

 

1.食費4万円

 

週に1回、近くのスーパーが朝市をやるのでその時に生鮮食品をまとめ買いします。あとは土日に旦那と一緒にスーパーに行って必要な食材だけを買います。

 

 

ひとりで買い物にいくと誰の目もないので、つい余計な物を買いたくなります。それを防止するために旦那にも一緒に行ってもらってます。

 

 

 

 

2.日用品2万円

 

自分のコスメや子供用品も日用品扱いです。ほとんどドラッグストアで調達します。ここでも旦那の意見を聞きながら必要なものだけ選んで買います。

 

 

 

 

3.車関係2万円

 

田舎なので車必須です。それに加え旦那が車好きなので、カー用品には目がありません。車については私の方が監視役となり、旦那が無駄なものを買わないよう注意しています。

 

 

月極の駐車代とガソリン代合わせて1万5千円くらいで、洗車は運動がてら旦那が自分でしています。私も手伝ったりして夫婦の会話を少しでも増やすようにしてます。

 

 

 

 

4.スマホ、ネット関係1万5千円

 

私はスマホでなくガラホとよばれる折り畳み式の携帯を使っています。基本料金も最低限のプランです。ただ旦那がスマホでゲームをしていて、たまに課金しているようなので心配です。はまる人は月2万も3万も課金してしまうそうなので目を光らせています。

 

 

 

 

5・電気7千円

 

入居しているマンションがもともとオール電化です。梅雨の時期にお風呂場で洗濯物を乾かしますが、乾燥機能を使うと高くなります。

 

 

そこで節約術を使ってます。洗濯洗剤と一緒に重曹を大さじ1入れて洗濯機を回します。そうすると室内で干しても生乾きのイヤなニオイが発生しません。

 

 

また洗濯槽内の除菌や掃除にもなり、専用の洗濯槽クリーナーを買うこともないので日用品の節約にもなります。乾燥機能も使わなくてすむので両得です。

 

 

 

 

6・洋服代3人で1万5千円

 

旦那のシャツやネクタイはすぐに駄目になります。なのでワイシャツ5枚セットやネクタイ5本セットなど、まとめて安く買っています。子供の服や自分の下着から普段着まで、ユニクロです。

 

 

20代のころはお互いに服に気を使っていました。旦那も良い生地のスーツにこだわっていましたし、私もお出かけ用の服は百貨店で買っていました。

 

 

 

ただ子供が生まれた今、服はシンプルで丈夫であればいいという結論になり、わりと縫製がしっかりしていて洗濯してもよれないユニクロが一番になりました。

 

 

旦那のジーンズは全部ユニクロで、もう何年もはき倒して何回も洗っているのにまだまだ元気です。

 

 

 

 

 

子育て中の生活費の節約術はいたってシンプル

 

 

子供にアレルギーがあり肌も敏感なので、私が今まで使っていた市販の化粧品が使えなくなりました。特に高級化粧品は強い成分が入っているため、子供の肌についたら即座に反応してしまいます。

 

 

そうしたこともあり、強いケミカル成分の入った美容コスメは自然と敬遠するようになりました。

 

 

 

今は無印良品の化粧水とオイルのみでスキンケアをしていて、旦那も髭剃りのあとに同じものを一緒に使っています。

 

 

もし肌の敏感な子供がいなければ、何十年とずっと高い美容液を使い続けていたかもしれません。それを考えるとだいぶ節約になったと思います。

 

 

 

 

最後に忘れていた家賃です。

 

家賃は転勤手当がついて5万円まで会社が負担、残りは実費なので5万円が家賃になります。

 

 

ここで家賃が半分負担されるからと油断するのではなく、正規の家賃を払うものとして貯金するようにしています。それでも微々たるもので、現実にはなかなか貯まりません……

 

やはりどこかで甘さが出るようです。

 

 

 

 

補足ですが、子供のおもちゃもお金をかけず本を読み聞かせたりラジオを聴かせることで、物理的ではなく精神的な豊かさを育んであげたいと思っています。

 

 

物を与えるのは簡単ですがお金もかかるので、なるべく一緒に遊べて感受性の育つものを選ぶよう心がけています。

 

 

 

結局のところ一番お金が出ていくのは育児費、教育費になってきます。いかに少ない費用の中で、のびのびと育ててあげられるかが鍵ですね。

 

 

芸術系はお金が飛んでいくので、なるべく息子にはスポーツをしてほしいです。(笑)

 

 

 

あなたも節約術をブログに書いて、毎月の収入を得てみませんか?

興味のある方はトップページをご覧ください。

節約ブログで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

節約ブログで稼ぐ方法 一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費