子供一人の3人暮らし一ヵ月の食費

 

 

私はひとりっ子の娘を持つ38歳の専業主婦です。

 

 

生活費は毎月主人から15万円が渡されます。15万は一番多いときで、少ないときは10万でやりくりしろと言われることもあります。

 

 

ママ友とのランチも断らなければならず、かなりイライラがたまっています。

 

ただ、いつもお昼に招いてくれるお金持ちのママ友がひとりいるおかげで、我が家の食費は毎月3万円もいきません。

 

 

 

 

主人はこのママ友の存在を知らないので、この友人のお宅に呼ばれなくなった時のことが今から心配です。3人家族で食費が3万円というのは、かなり少ないと自分では思っています。

 

 

他のママ友には見栄もあり、食費いくら?なんて聞けないので、他の家庭の食費や生活費がどうなっているのかは分かりません。

 

 

 

お金持ちのママ友のご主人は月100万円以上らしいという噂なので、生活費30万以上もらっているんじゃないかと羨ましい気持ちです。

 

 

 

 

 

 

3人暮らしで生活費15万円、お金がかかる項目は?

 

 

うちは娘が来年で小学4年生で、西東京の学校に通わせています。お金持ちの子もけっこう通ってくる学校です。ただ私立ではありません。

 

 

どういうわけか、うちの子がお金持ちの子と仲が良く、自然にその子の母親とも付き合いができました。

 

 

 

いつもランチに呼ばれ、学校が終わった子ともども夕食をいただいたりもします。なぜ私や子が気に入られているのかよくわかりませんが、いつも甘えてしまっています。

 

 

なにしろ主人は毎月の生活費を多くても15万しかくれないからです。

 

 

 

その中で、子の歯科矯正やピアノの習い事など保険や割引のきかない支払いをしなければなりません。なので言葉は悪いですが利用できるものは何でも利用する勢いで、お金持ちのママ友に頼っています。

 

 

子の友達は本物のピアノをもっているので、そこで一緒に練習されてもらったりと、食費の面だけでなくお世話になっています。

 

 

ピアノ教室の月謝は毎月8千円で、教本のレベルがあがるごとに月謝もあがるシステムです。

 

 

 

私としては子が部活を始めるようになれば、ピアノの練習もできなくなるだろうと思い、月謝が上がらない定額の教室に替えたいと思っています。

 

 

子は飽き性なので色々な習い事をやらせてみても、いつまで続くかわからないというのが私や主人の考えです。

 

 

 

 

生活費のほとんどは子ども関係に消えていきます。

 

 

もうすぐ小学校高学年ということもあり、娘もオシャレに関心を示す年頃で困っています。一週間で同じ服を2回着ていくと、コソコソ言われるのだそうです。

 

 

 

なので毎日全身コーディネイトを変えなければならず、しかも服は近所の量販店で買うというわけにもいかないので大変です。

 

 

ヘアゴムやピン止めも毎日替えていて、正直女の子は本当に大変です。

 

 

 

 

 

そこで子供服を少しでも節約するために、子の好きそうな柄や色の服をフリマで落として、袋をかけ娘には渡しています。

 

 

ひとりっ子気質なのでお古をいやがるため、新しく買ってきたようにみせています。

 

 

また、柄物やプリント物は極力さけて、シンプルなものを買ってきて他の子と服がかぶらないよう気をつけています。

 

 

それでもなんで勝手に買ってくるの!とプリプリするので、この方法もいつか通用しなくなると思います。これからどんどん身なりにお金がかかるかと思うと頭が痛いです。

 

 

 

 

 

 

 

もし思春期に突入してこれ以上、お洒落にお金がかかるようなら生活費がギリギリであることをきちんと説明するしかないです。

 

 

子のまわりが変にお金持ちの子が多いので、なんでも一緒のレベルにしないと気がすまないみたいで今後が憂鬱です。主人は仕事ばかりで子に関心はありません。

 

 

 

 

食費が3万円ですんでいる、もうひとつの理由

 

 

ママ友からご飯をごちそうになっているというのも、もちろんありますがもうひとつの理由として、主人も私もお酒をのまないことにあります。

 

 

スーパーに行くといつも思いますが、お酒って一番安い発泡酒でも100円以上するのですよね。

 

 

これを1日に夫婦で飲んでいたら月3万円じゃすまないはずです。それを考えると、主人がお酒を飲めない人で助かったというか良かったです。

 

 

ただ私の方は飲めないわけではなく、特に飲まなくても平気という程度なので、すすめられれば飲みます。

 

 

 

それに少ない生活費や子どもばかりにお金がかかり、自分の自由になるお小遣いがまったくない、というストレスからお酒に走りたくなることもあります。

 

 

今はまだ我慢できていますが。

 

 

 

お金持ちのママ友に助けられている状況がいつまでも続くわけではないので、今から子どもにかかるお金をどうしようか考えています。

 

 

最低限の教育費の他に、少し可哀想ですがスマホやゲーム、漫画や雑誌など必要ないものは買い与えないようにするしかないです。

 

 

 

あなたも節約術をブログに書いて、毎月の収入を得てみませんか?

興味のある方はトップページをご覧ください。

節約ブログで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

節約ブログで稼ぐ方法 一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費