専業主婦が明かす一か月の生活費と食費

 

私はもうすぐアラサーの専業主婦です。以前はアパレルメーカーの直営店で洋服の販売をしていましたが結婚を機に退職しました。

 

 

それからすぐに子供ができ、現在はもう一人1歳の息子を育児中です。2人の子供を抱え大変な毎日ですが、無理のないよう節約しながら子供の将来を考えています。

 

 

趣味はハンドメイドです。100円ショップで材料を安くすませ、子供用の小物やアクセサリーなどを作って楽しんでいます。

 

 

あとは育児のストレスを散歩やストレッチで発散しながらの毎日です。

 

 

ママ友との付き合いは面倒なのであまりしていません。家族のために手作りの物を一人コツコツ作るのが性に合っているみたい(笑)

 

 

そんな私の一か月の生活費を赤裸々にお話します。

 

 

 

 

 

アラサー専業主婦が明かす毎月の生活費は?

 

 

 

私は専業主婦の身なので、旦那からのお小遣い制になっています。生活費でもらえるのは7万円で、その中ですべてをこなさなければなりません。

 

 

足がでる時はそのつど旦那に言わなければならず(しかもあまり分かってくれない)そのために精神的にもつらい状況です。

 

 

 

子供用品や自分の化粧品や服などは、こっそりしている内職の給料を貯めた中から買っています。旦那は何も知りませんし、10万でやりくりできていると思っています。

 

 

おおまかな内訳は食費(旦那の酒代含む)が3万、光熱費5千円、水道代5千円、あとは自分のお小遣いや子供用品に回しています。

 

 

ただこれから子供が大きくなるにつれ、生活費は2倍以上になるはずです。それを思うと今からとても頭が痛く、不安で眠れなくなる時もあります。

 

 

子供はもちろん可愛いです。マイホームも欲しいし、自分にかけられるお金はこれからどんどん減っていくのでしょうね。旦那にはあまり期待もできない状態です。

 

 

子供が大きくなれば、スマホを持たせたり個別の部屋を与えたり、習い事もさせなければなりません。

 

 

そのため私は自分の化粧品やメイクは100円ショップのものを使い、服も下着もユニクロで済ませています。旦那もワイシャツや普段着は通販で安く買っています。

 

 

旦那の給料が上がらないので仕方ないです。小さい子供がいるので働きにも出られませんし。こういうところで節約していくしかないと思っています。

 

 

 

ただ子供にだけは安い粗悪なものを使いたくないので、子供の肌に触れるものや食べ物はオーガニックを選んでいます。

 

 

育児にかける毎月の費用は3万円ほどです。
他の人がどうか知らないので、これが高いか安いかは分かりません。

 

 

これで大体の生活費一か月7万円で、月のよっては足が出たり出なかったりします。

 

 

 

 

光熱費はインターネットの主要回線の代金だけで、スマホ代は旦那が家族分をまとめて払ってくれています。明細を見られるのがつらいです。

 

 

旦那の方も見られたくないから、自分で払ってくれるのかなと思います。考えすぎでしょうか。

 

 

たまに有料のゲームアプリや漫画をスマホで課金したくなりますが、グッとこらえて無課金で頑張っています(笑)

 

 

なので私ひとりのスマホ代は5千円から7千円くらいかと。

 

 

 

給料がない専業主婦は自分で自由に使えるお金はありませんが、子供にかかるお金を思うと仕方ないのかなと半ば諦めています。

 

 

 

 

アラサーの主婦による食費の節約術

 

 

子供が2人と旦那もよく食べ、酒も飲む人なので食費は大変です。生活費の中から食費もまかなわなければならず、自分のご飯はお茶漬けなど質素にしています。

 

 

もともとママ友付き合いが少ないので、ランチ代はかかりません。ただ先ほど書いたように子供にはなるべくオーガニックや無添加の食品を選ぶので、財布には厳しいです。

 

 

なので激安店と高級店、2つのスーパーを組み合わせながら食材を買うようにしています。

 

 

 

激安店では100円均一セールやタイムセールを狙って、かさ増しになる野菜、もやしやきのこ類をたくさん買い込みます。

 

 

豆腐も安くなっているときにまとめ買いをして冷凍保存すると、解凍したときに鶏肉のような食感になるので、それを肉代わりにして料理することも。

 

 

 

 

高級店では主に子供用の食品を買います。自分の化粧品や消耗品は100円ショップですませるので、たまのご褒美として浮いたお金を高級スーパーで使うことがあります。

 

 

ミニボトルのワインを買って、子供が昼寝の合間にこっそり飲むのが楽しみです。

 

 

 

旦那の酒は格安店でウイスキーのボトルを買い、晩酌で出す時は最初は普通の量から、後は少しずつ薄めてちびちびと使います。

 

 

どうせ酔ってわからなくなるので、薄めても気づきません。

 

 

 

ただ肉にはうるさいので、お肉だけは良いものを少量使い、100円セールでまとめ買いしたかさ増し食材でボリュームアップさせます。

 

 

お米は安くても美味しく食べられるように、冷蔵庫で2リットルのペットボトルに入れて保管しています。これだけでもお米の劣化を防ぎ、味が長持ちするのだとお米屋さんに教えられました。

 

 

保存状況の良い安い米 > 保存状況の悪い高価な米 だそうです。

 

 

 

特に我が家は粉系よりもご飯が多いので、この方法で助かっています。

 

 

スーパーのクーポンやポイントカードは、財布の中に入れっぱなしだとパンパンになり見た目も悪いです。そこで私は玄関に名刺入れを置き、その中に整理して入れています。

 

 

出かける前に行くスーパーやドラッグストアを決めてから、必要なカードだけを持っていきます。そうすると他の店で余計なものを買わずにすむからです。

 

 

少し面倒ですがこの方法けっこう効きます。

 

 

ムダな買い物を減らして節約したい場合は、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読
一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費