一人暮らし大学生、生活費はいくら?

 

25歳、大学院生です。平日は研究室にこもる生活をしています。ヒトフェロモンの研究をしていて、香水メーカーのサポートも行っています。このままいくと就職先も香水メーカーに決まりそうです。

 

 

家庭教師のバイトをしているのと、奨学金が8万円ほどかえってくるので一ヵ月の給料は10万円くらいです。それから授業代行をすることもあり、その月は12万ほどいきます。

 

 

 

大学時代は寮生活でしたが、院生になり+2万円で寮に住み続けています。とてもありがたいシステムです。アルバイトの時間が足りないので就職するまでは寮から出ていけません。

 

 

片田舎なので本当はもう少しおしゃれな街にすみたいです。

 

 

 

生活費内訳は寮代2万円と光熱費1万円、食費2万円、スマホ代などすべての光熱費で3万5千円です。自由につかえるお小遣いは2、3万くらいですね。

 

 

といっても研究の毎日を過ごしているので、お小遣いもあまり使ってません。

 

 

 

 

 

 

好きなことが知識に!お小遣い稼ぎとして機能

 

 

家庭教師のバイト代だけではきついものがあるので、自宅でネット業をしています。

 

 

研究がら香水に詳しくなったので、香水を紹介するブログを持ち、そこから毎月1〜2万円の収入を得ています。ヒトフェロモン系の香水は、異性からあまり相手にされないモテたい欲求のある人には人気が高いので結構売れます。

 

 

 

寂しい人が多いのかもしれませんね。私なんかは、好きな研究ができれば幸せなので気持ちがよくわからないのですが。。

 

 

 

ただ研究者の立場から言わせてもらうと、ヒトフェロモン系の香水は万人に効くものではないので買うときは自己責任で、ということをアドバイスしたいです。

 

 

やっぱり、フェロモンだけで人を振り向かせることはできませんよ(苦笑い)

 

しかもすぐに気化するので、その瞬間でしか効き目はありません。

 

 

話がそれましたが、生活費の中からのおこづかいは、ネット業と家庭教師の給料でまかなっています。

 

 

 

 

田舎での楽しみは飲み会!酒代をどうにか節約

 

 

研究仲間との飲み会が多いので、節約には気を使っています。

 

生活費の中からお酒代を計算すると、毎月2万円くらいになると思います。

 

これはひとりで飲む分だけではなく、おごったりおごられたりの分も含みます。

 

 

 

研究がうまくいったらいったで飲むし、滞るとストレスでまた飲む、という悪循環があり何とか酒代の節約をと考えています。

 

 

私の大学は片田舎にあるため、遊ぶ所が少なく、どうしても楽しみといえば飲みになってしまいます。

 

 

ただそのぶん、同年代の子がお金を使うような服や美容系には全くお金はかけていないので、まだマシかと思っています。

 

 

 

普段の食費は月1万円もかかりません。研究中は集中してますし、時間の感覚がなくなるくらい没頭するので、いつもおにぎり2コですんでしまいます。

 

 

なので毎月のお米代さえ確保できれば、結構なんとでもなります(笑)

 

 

研究仲間がオカズを分けてくれることもあります。なんだか食生活の不憫な人と思われてるようです。

 

 

夜ごはんは飲みの席でおつまみ兼夕食としてすませます。貧乏サラリーマンのような生活ですが、大好きな研究をしている今の生活はとても幸せです。

 

 

お金があってもなくても、人は好きなことをしていればそれだけで幸せなのだと思いますよ。

 

 

以上で一人暮らしの生活費について、終わります。ありがとうございました。

 

 

 


ホーム RSS購読
一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費