独身ホテル受付の月収は20万…生活費は10万で食費は2万、その内容

 

こんにちは。20代後半で都内のビジネスホテルに勤務しています。

 

 

業務内容はフロントの受付とサービス処理です。たまに夜勤が入ることもあります。私の場合の生活費と、貯金のための節約方法をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

生活費のほとんどはエステと貯金へ。食費はワンコイン

 

毎月の給料は手取りで17万円ほどになります。夜勤が加わると20万いくこともあります。私は独身で一人暮らしなので、そこそこ自分にお金をかけられる環境ではあります。

 

 

でもこれから結婚のことや持ち家のことを考えると、今の給料では貯金があまりできません。というのも私はホテルの顔である受付という職業柄、どうしても美容への投資が必要だからです。

 

 

 

12万の家賃を引いた分を生活費にあてます。残りの3万円はエステ代へ回し、貯金する分は自宅でチャットレディ―をして稼いでいます。

 

 

チャットレディは自宅でネット回線を通じ、男性のお相手をする仕事です。
ネットのキャバクラのような感じだと個人的には思っています。

 

 

 

食費は2万円ほどで外食を含みます。ホテル付のレストランが社員割で安く利用できることもあり、そんなに使いません。同僚との飲みも居酒屋が多いですし、男性と一緒の時はごちそうになることもあります。

 

 

その分もエステや髪と肌のメンテナンスに回している感じです。

 

 

 

接客業という仕事、特にホテルの玄関を担当しお客様とダイレクトに関わる受付業務は、華やかな反面ストレスも溜まります。責任も大きいです。

 

 

男性のお客様の中には、セクハラまがいの発言をする人や色眼鏡で見てくる人もいます。

 

 

 

そんな理由からエステで自己メンテする費用や、ストレスを発散するための癒しグッズにかけるお金が右肩上がりになっていきます。

 

家賃を払ったら、もうほとんどのお金はエステやヒーリングに消えるといってもいいくらいです。

 

 

 

ほとんど家には寝に帰るようなもので、光熱費や水道代も5000円以下です。貯金は3万円ずつしています。

 

 

自己メンテにかけるお金が多くなるほど、副業でやっているチャットレディーの売り上げもアップするので、全体的にはプラマイ0のような気がしますね。

 

 

服飾代は月に2万もかけません。制服がありますし、クリーニング代も会社持ちです。休みの日はひたすら寝ていたいタイプなので、流行の服をとっかえひっかえという感じでもないです。

 

 

洋服は友達の家に遊びに行ったときにクローゼットを見せてもらい、貸してもらうこともあります。貸してもらうコツは、2つだけです。

 

1、服と友人のセンスをほめちぎる
2、せっぱつまった理由をつける

 

 

 

これだけで、気持ちよく貸してくれます。私などはものぐさでして、自分で服を選んだりコーディネートを考えるのが面倒なので、友人の服を丸々借りてしまうこともあります。

 

 

デートの前や急なお呼ばれの時に便利です。

 

 

 

もちろん最後はクリーニングに出して返します。クリーニング費用も浮いて友人にとっても私にとっても一石二鳥というわけです。

 

 

全身トータルで3、4万をかけても、どうせ何年後かには着なくなることがわかっているので、私の場合はあまり服にお金をかけることはしませんね。

 

 

 

ちなみに実家暮らしを続けていれば、貯金が月に5万円以上はできていたと思います。そう思うと悔しいのですが、通勤時間の短縮を考えて独り暮らしに至りました。

 

 

実家から勤務していた時は特に節約もせず、服も好きなものを好きなときに買っていましたが、家賃にとられるので服を買うのはやめ、いつしか服に興味がなくなっていったのです。

 

 

 

反面、エステなどで自分に磨きをかければ費用はかかりますが、その分給料になって返ってくるのでエステ代を節約しようとは思いません。

 

 

節約するならやはり、家賃か食費ですね。

 

 

 

寝に帰るだけの部屋なので、もう少し家賃の低いところに引っ越すことも考えています。その際は引っ越し業者に頼まず、友人や家族の力を借りて引っ越し代を浮かしたいです。

 

 

それから自宅で飲むコーヒーやお茶も、楽天などでドリップコーヒー詰め合わせの福袋が売られているので、そうったものを活用して節約してます。

 

 

 

 

通勤途中や外出時にも、どうしても我慢できない以外は、自販機で飲み物を買うのは控えています。今はSuicaで気軽に買えてしまうので、気が付くと散財していることも。

 

 

買物はなるべく現金の支払いをする、クレジットカードを持たない、などの対策も節約につながるようです。

 

 

とはいえこうした細々とした節約では、なかなか貯金はたまらずモチベーションも上がらないので、しばらくは副業のチャトレで貯金していきたいと思ってます。

 

 

 

30歳をすぎると男性からの需要がさがってくるので、今のうちに頑張って仕事してまとまったお金を貯めたいですね。

 

 

 

あなたも節約術をブログに書いて、毎月の収入を得てみませんか?

興味のある方はトップページをご覧ください。

節約ブログで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

節約ブログで稼ぐ方法 一人暮らしの生活費 二人暮らしの生活費 家族3人の生活費 4人家族の生活費